仕事力・学習力を高める
速読解力を鍛える

速読は社会人の業務処理能力アップや試験学習にも非常に役立ちます。
パソコン・タブレットを使って、速読に必要な5つの力「全体把握力」「思考力」「理解力」「記憶力」「検索力」を鍛えます。

コースの特長

  • 01

    業務処理能力アップに
    効果的!

    インターネットでの検索スピード、資料や議事録などの活字情報の処理スピードがアップし、仕事の効率化が図れます。

  • 02

    読書量が増えて
    あらゆる知識が身につく!

    通勤・通学電車のわずかな時間やちょっとした空き時間で、驚くほど読書量を増やすことができます。

  • 03

    試験の学習にも
    効果を発揮!

    読書スピードが3倍になれば、膨大な量の参考書、関連図書を3分の1の時間で読めるようになり、従来の学習時間で反復学習が可能になります。

  • 04

    当協会認定の速読
    インストラクターのサポート

    指導・サポートするのは速読研修を受け、テストに合格した速読インストラクターです。

こんな方に
おすすめ

  • 資料を読むのに時間がかかり仕事が進まない
  • 本を沢山読みたいのに時間がない
  • 集中力や理解力が足りないと感じる
  • ハードなトレーニングを続けられる自信がない
「読む」「読み解く」は大違い

文章をすらすら「読む」ことができたとしても、そこで述べられていることを正しく理解し、内容を把握できているとは限りません。
文章を「読み解く」とは、言葉の意味や働き、文法などをふまえて、文章の構造を正しくつかみ、内容を理解することなのです。
子どもたちの読解力低下が問題となって久しいですが、「文章を読んで、理解して、解釈する力」である読解力は、社会人であっても必須の能力と言えます。

リーディングスキルテスト
次の文を読みなさい。

アミラーゼという酵素はグルコースがつながってできたデンプンを分解するが、同じグルコースからできていても、形が違うセルロースは分解できない。

この文脈において、以下の文中の空欄にあてはまる最も適当なものを選択肢のうちから1つ選びなさい。

セルロースは(   )と形が違う
①デンプン ②アミラーゼ 
③グルコース ④酵素
「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」 新井紀子著 東洋経済新報社

トレーニング内容

「速く正確に読み解く」ために必要な能力を総合的に鍛えます。
宮沢賢治、芥川龍之介など人気作品や、行政書士・社労士向けテキストも収録。

速読力トレーニング

各自の読書速度に合わせて段階的に読む速度を向上させながら、短文チェック問題で内容理解度が伴っているかを確認します。

読解力トレーニング

文章を読み解くうえで必要な基礎的読解力を体系的にトレーニングできます。さらに文章全体の内容を把握・理解する力を養成します。

脳力トレーニング

速読の習得に必要な検索力、短期記憶力、認識力、判断力を、脳トレゲーム形式で鍛えることができます。

学習履歴

各トレーニングやイベント別に学習履歴を搭載しています。トレーニングの伸びや学習の成果を客観的に確認することにより常に目標を持ちながらトレーニングすることができます。また全国の受講生とランキングで競えるので、モチベーションの向上にもつながります。

体験者の声

  • 受講生

    行政書士試験合格松崎 綾さん

    受験勉強だけじゃなく仕事でも大活躍
    効率アップで充実した生活に!

    行政書士試験合格 行政書士の資格取得を目指していたので、受験に備え、効率を上げようと速読の習得を決意。体験受講で充分に納得したうえで、受講を開始しました。

  • 受講生

    歯科衛生士S.Yさん

    速読で記憶力が大幅アップ! いろいろなことに積極的になり視野が広がった!

    家に速読の本があり、何気なく読んでいたら、魅力的なことがいっぱい書いてあったので、独学でトレーニングしてみたのですが、なかなかはかどらなかった。悩んでいた時に、雑誌で速読教室をみつけたのが、きっかけでした。

  • 受講生

    一級建築士試験合格小島 俊明さん

    短時間で濃密な勉強により
    一級建築士合格!設計の仕事にも活用!

    会社員時代に一級建築士資格取得を決意し、限られた時間の中で効率よく学習する手段として速読の受講を始めました。

    速解力検定とは、読書速度とそれに伴う理解度(読解速度)を計測し、より明確な自分の基礎能力を確認することができるWeb検定です。

    実施日程
    • 第1回 5月15日〜6月15日
    • 第2回 10月15日〜11月15日